働き方改革支援

船井総研の働き方改革支援は、
労働時間の適正化のみならず、
時間当たり生産性の最大化を
目指します。

働き方改革の目的の1つは関連法案に遵守する「適正な労働時間の実現」です。ただし、時間を短くすることに終始すると業績が低下してしまう可能性があります。労働時間を短くしつつ、業績を維持・向上させるためには、時間当たり生産性(売上や利益など)を増加させることが重要です。

船井総研の強みである、業種・業態別の「業績アップのノウハウ」と「現場主義の姿勢」により、絵にかいた餅に留まらず働き方改革の実現をサポートします。

働き方改革は4つの要素で
成り立ちます。


残業が発生している状態から、
適正な労働時間まで改善。
その後、同じ時間でもより高い成果を上げられる状態に進化。

実際の支援では、
業務の内容別にかけている
時間を把握。
時間の使い方を見直すことで、
業績向上に繋げます。

まず職務を整理した後、
勤務状況と意識の実態を測ります。
その結果を踏まえて、
改善策を検討・実行していきます。