コラム

採用ブランド戦略を加速させる『ブランディングの法則』とは

新型コロナウイルスの影響が深刻さを増し
あらゆる業界で企業経営が危機的状況にありますが、
今後の業績を上げ続けるために優秀人財の採用は必要不可欠です。

これまでの人財採用では認知され、集めることが重要な要素の一つでした。
多くの企業は学生への認知活動、集客活動に力を入れています。

しかし、
「高度情報化社会による価値観の多様化」
「新型コロナウイルスによる雇用の在り方の変化」
「VUCA時代突入による従来ビジネスの複雑化」
という外部環境でこれまでとは採用の在り方も大きく変化しています。

今、先を見据えた経営者の方からいただくご相談は
・応募数が少なく、厳選採用ができない
・自社の求める人財が取れないのに、採用活動の工数がかかっている
・採用コストがどんどん膨れ上がっている
・せっかく採用したのに人が辞めてしまう
といった声が多いです。

これらの課題は
自社のブランド戦略が明確化していないことが根本の原因にあります。

認知や集客は力を入れていても、
自社の採用ブランディングを戦略的に構築していないと
採用で「勝つ」企業と「負ける」企業の差は広がる一方です。
いくら集客を頑張ったところで商品の磨き込みができていなければ売ることはできない、というのは事業と同じです。

さらにコロナの影響により
就職活動はWEBに始まり、WEBで終わることがほとんどで
自社の訴求と自社理解を深めてもらうことは、ますます難しくなっています。

そこで本日は、
自社のブランド戦略を構築し求める人財を採用し、
入社後のミスマッチを防ぐためのポイントをご紹介します!

まずは以下の法則をおさえます。

ターゲティング
ポジショニング
コンセプト

この3ステップをもとにブランド戦略を構築していないと、
いくら認知や集客に力を入れても
今後の採用活動では自社の求める人財にアプローチすることは難しいです。

今一度自社の採用ブランド戦略を見直すことで
採用の精度の向上
採用コストの削減
応募者数の増加
生産力や組織力の向上
が可能になります!

▼このコラムに関連するおすすめセミナーはこちら
『採用で集まる数と質が劇的に変化する!採用ブランド戦略の立て方』

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/073726
(2021年7月1日まで)

▼人財に関する課題を解決する開催中のセミナー一覧はこちら
https://hrd.funaisoken.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。