コラム

固定費を下げ、収益性を高める!「ローリスク×ハイリターン」な企業組織の作り方 その2

高収益×高生産性を実施した企業の秘訣とは!?前編

 
今回のコラムでは、
正社員15人で年商40億、営業利益率も二ケタ以上を達成している高収益かつ高生産性な企業の事例をご紹介いたします。
 
過去のコラムはこちら
1回目:「アフターコロナで求められる雇用のあり方」はこちら
 
蓄電池販売をメインでやられている企業なのですが、ここ3ヵ年の推移をみると
正社員数が、5人→10人→15人と増加しているのに対して
年商が、15億→25憶→40億(今期着地見込み)と急速な成長を遂げております。
 
急速成長のポイントは1つだけで
「営業機能を、大学生(長期インターンシップ)に任せている」からです。
 
抱えているインターンシップ生の数は3ヵ年で
100人→150人→200人となっています。
インターンシップ生は、基本的には業務委託契約で雇っているため、実質固定費はゼロとなり、高いROIを実現しております。
 
今では、学生5~8人をまとめる学生リーダーや20人をまとめる学生支部長などが存在し、学生だけの営業組織が確立されています。
 
成果という観点でも、
 
25人の学生チームで月間売上7,500万売り上げを達成しているチームが多数存在し、
学生1人あたりで見ても、年間粗利で最大4,500万を達成している学生も在籍します。
高単価商品の営業という常識を覆すくらい、大学生(長期インターンシップ)の活用を、上手くなされている会社です。
 
では、正社員は何をしているかというと、財務・経理・人事・企画などのいわゆる本部業務と
学生に対する教育・育成機能を担っています。
 
200人の学生インターンの中で、入社を希望する学生は多数いるのですが、
その中でも選ばれた少人数を正社員に登用しているため、
会社へのロイヤリティの高いトップセールスな人材を「即戦力」で採用することに成功しています。
 
このような事例を聞くと、「何か特別なことをしないとできなんじゃないか」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。
しっかりと仕組みさえ整えてしまえば、どの会社でも実現可能です。
 
それでは次回は、その「仕組み」についてお伝えできればと思います。
 
もっと詳しく知りたい方は下記URLをご覧ください。
 
 
◆コラムに関連するセミナーのご案内◆
 

 
【このような方におすすめのセミナーです】
・事業をスピーディーに高収益化したい
・生産性の高い営業組織を構築したい
・社員の戦力化速度を高めたい
・モチベーションの高い人財と働きたい
・すぐに社員の人件費を見直したい、もしくは、今後社員の待遇を向上させたい
・正社員以外の雇用体系も模索したい
 
詳細・お申込みはこちらから!
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/063062

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。