コラム

7月からでも優秀新卒人材を採用できる!withコロナ時代の新卒採用手法とは?

4,5月より継続されている政府の自粛要請の影響もあり、学生の就活状況は引き続きオンライン化の流れが続いていくと予想されます。

そんな中、多くの企業で「まだ今期の新卒採用人数を確保できていない」
という話を聞きます。

その原因は、新卒採用のオンライン化に追いつけていないからです。

withコロナ時代において、新卒採用方法は多様化が進んでいます。

「今期の新卒採用目標をまだ達成できていない」
「大手に学生が流れてしまい、応募が集まらない」

とお悩みの経営者様はぜひ最後までご覧ください!
今からでも22卒の採用に間に合う方法についてお伝えします。

中小企業の新卒採用は認知度のUPが必須事項

多くの企業では、デジタル世代の学生に合わせた採用ができていません。
そしてコロナ禍で大学に行くことのできない学生は、WEBやSNSで就活の情報収集を行っています。
今の世代の学生は圧倒的にソーシャルメディアの利用時間が長いです。
現在、紙媒体やナビサイトは情報収集の手段として見られなくなっているのです。

現在の採用方法ではコストがかかりすぎている

学生からの認知度を高めることは重要ですが、単に露出する媒体を増やすとコストがかさんでしまいます。
あなたも、現在の学生1人当たりにかけている採用コストを算出してみてください。
採用費をすべて合わせて100万円以上のコストをかけている企業は採用手段の見直しが必須と言えるでしょう。

採用手段として多くの企業が「ナビサイト」「人材紹介」を利用しています。
しかし、これらの採用手段は、「学生が来ることを待つのみ」「学生の質が高くない」という点で費用対効果が低い結果となっているケースが多いです
これから新卒採用を成功させるには、より確実にスピード感を持って学生にアプローチできる手法を実行する必要があります。

これらを打破する中小企業の『弱者の戦略』とは?

・今期の新卒採用目標が達成できていない
・採用コストがかかりすぎている

このような課題を解決するためには、「攻めの採用手法」である弱者の戦略が必要です。

コロナ禍にも関わらず、新卒採用目標を達成している中小企業で最近増えているのが、
オンラインで就活生とダイレクトに繋がれる採用手法を取り入れているケースです。

就活アプリで学生からの認知度を高める!

(事例1)初めての新卒採用で就活アプリから4人の採用に成功!

② SNSで採用コストを大幅に削減!

(事例2)
採用SNS開設から1年未満で50人集客&4人内定承諾者を獲得
これによって採用コストを1/2に削減!

このように、コロナ以降の就職活動の変化に採用手法を適応させることが重要です。

さらに、
・明日からできるWEB採用の実践方法
・オンラインで集客した学生を内定承諾まで惹きつける方法
・リソースが足りなくても新卒採用をやりきる方法
についても知りたい方は
ぜひ下記のセミナーにご参加ください!

【WEBセミナー】最新WEB新卒採用事例公開セミナー

>>申込はこちらをクリック!

また、セミナーにご参加いただいた方限定で
無料の個別相談会をご用意しています!
自社に合ったWEB採用ツールから新卒採用手法まで、どんなお悩みでもお聞きします!

■日程 ※各日同じ内容になります。

7/26(月)10:00~12:00
7/26(月)16:00~18:00
8/11(水)10:00~12:00
8/11(水)16:00~18:00

■会場 
会場:Zoomを利用したオンラインセミナーのためどこでもOK!
※PCでもスマホでも受講できますが、PCからの受講をオススメします

■参加料金 
一般料金:5,000円(税別)
会員料金:4,000円(税別)

お申込みはコチラから!

  セミナー詳細・お申込みはこちら  
最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。