“2024年問題”でより加速する、中堅・中小企業の人手不足の解決策 ~今後の見通し・業界動向・トレンド~

“2024年問題”でより加速する、中堅・中小企業の人手不足の解決策 ~今後の見通し・業界動向・トレンド~

レポートの内容

■2024年問題もあり、人手不足はますます進む
2020年より始まったコロナ禍が落ち着き、人の流れもコロナ以前に戻るようになりました。景気が回復している一方で、労働力が非常に不足している現状があります。労働者人口が減っている現在、人手不足はさらに進むのは間違いありません。
物流業界を中心に、大きな関心を集めているのが「2024年問題」です。2024年4月からトラック運転手の1人あたりの労働時間が制限され、残業時間の上限が年960時間になるものです。トラック運転手などのほかに、建設業や医師でも同時に上限規制が始まり、建設業は年720時間までといった制限がされます。ドライバーに限らず「労働環境が過酷だけれど、長い時間を働けば稼げる職種」はありましたが、残業規制により「稼げる」メリットが失われるため、稼ぎたい人からの応募は減り、人手不足がさらに進みます。

■採用難でも人を集めるためにするべきこと
年功序列や終身雇用も実質的に崩壊している現在、特に若い人の「働くことの価値観」が変わってきています。雇う側が「雇用してあげる」という感覚では、働く側が圧倒的な売り手市場になっている今、選ばれない企業になってしまうのです。
本レポートでは、採用が厳しくなっている環境下でも人を集められる企業であるために行いたいこと、そして採用難業種でも採用ブランディングで大きな成果を出している2つの事例についてご紹介します。

目次

  • 1、2024年問題もあり、人手不足はますます進む
  • 2、人手不足でも人を集めるためにするべきこと
  • 3、採用難業種でも採用ブランディングで大きな成果を出している2つの事例
  • 4、今の時代に人を集められることで実現できる、明るい未来

 

 

KNOW-HOW REPORT

関連のノウハウレポート