コラム

コロナによって採用活動はこう変わる!「採用のオンライン化」で人事部門の生産性向上実現へ!

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

感染拡大が続く状況を鑑み、新型コロナウイルス感染症に関する当社対応としまして、

WEBによるセミナー開催に切り替えさせて頂いております。

皆様の会社経営、新型コロナウイルス感染対策の一助となれば幸いです。

 

新型コロナウイルスの影響で、採用は大きな変革期を迎えています。

 

これまで当たり前のように行われてきた対面での面接や合同企業説明会、職場見学。

これらが実施できなくなった今、オンラインでの面接を導入し始めたという企業も多いのではないでしょうか。

また、コロナ禍の業績への影響が確実なものになる中、年間の採用人数を下方修正している企業も少なくありません。

 

そんな中で、多くの企業様から

「業績が悪化する中で、採用コストの削減は必須」

「採用業務に時間をかけている場合ではない、効率化できないか」

「本当に必要な人材のみ採用したい」

といった相談をいただきます。

 

採用コストも時間も削減しながら、良い人材がいればいつでも採用できる状態にしておく、

つまり「人事部門の生産性向上を実現する」にはどうしたらよいのでしょうか。

 

それが「採用のオンライン化」です。

 

もう既にオンライン化している、と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ここでいうオンライン化というのは、オンライン会社説明会の開催やオンライン面接するということではありません。

リアルで開催していたものをただ単にオンラインへ移行しただけでは、かかるコストや時間を大幅に削減することはできません。

 

そこで、今回セミナーでお伝えしたい、生産性を上げる「採用のオンライン化」について一部ご紹介させていただきます。

 

1.“録画面接”で面接の自動化&時間削減を実現

採用活動で一番時間かかってしまうのが、面接の日程調整、連絡、そして面接時間になります。それら全て自動で行うことができるとしたら・・・と想像してみてください。

そんな夢のようなことが実現できるのが“録画面接”です。

 

2.ダイレクトスカウト媒体の活用

今後は、これまでのようにハローワークに登録しに行ったり、合同企業説明会のブースで説明したりする必要はありません。ダイレクトスカウト媒体の活用で自社が欲しい人材にだけピンポイントでオファーを送れるようになります。

良い人材がいれば採用したい、そんな希望を叶えるのがこのダイレクトスカウト媒体です。

 

3.長期インターンシップの導入

リアルな場でのインターンシップが行えなくなり、22卒採用にも影響が出てくることが予測されます。オンライン長期インターンシップを導入することで、集客コストを抑えることができます。さらに、学生のうちに育成することで育成コストも抑えることができます。

 

現在のような不安定な社会においては、良い人材をより効率的に採用していくことが鍵となります。このコロナショックをきっかけに「採用のオンライン化」を進めてはいかがでしょうか。

最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。