コラム

働き手不足の時代に生き残るためのマネジメントKPIを設定する!

こんにちは。医療・介護・福祉・教育部の戸澤良親と申します。

私のメインテーマは医療分野の中で歯科医院を担当させていただいております。
船井総研の中で歯科チームは現在約20名が在籍しており、それぞれ各自が専門テーマを持ってコンサルティング活動を行っておりますが、私のテーマは「働き甲斐日本一の歯科医院創り」です。

「働き甲斐」といっても抽象的ですが、この働き甲斐を定量化するためのKPI(重要評価指数)を設定しています。
本日は、マネジメントKPIの考え方、そしてご支援先の中で成功した事例をお送りしたいと思います。

マネジメントKPIを設定する

マーケティングは数値化しやすいので経営者の皆様は興味を持ちやすいですが、マネジメントは一般的に数値的結果が見えにくいので置き去りにしがちです。
ですが、実はマネジメントも十分定量化したKPIを作ることができ、KPIを達成するための施策を戦略的に考えることが可能です。

皆様もぜひ、ご興味を持っていただき、皆様の業界・会社別で整理していただきたいと思います。

前述でお伝えした通り、私の専門テーマは「働き甲斐日本一の歯科医院創り」ですが、この「働き甲斐」を達成したか否かは下記のKPIで私は設定しております。(こちらは歯科業界の場合です)

【生産性KPI】
①ヒト1人あたりの年間生産性1800万円以上
②ユニット1台あたりの月間生産性250万円以上

【マネジメントKPI】
①正社員定着率95%以上
②新卒比率70%以上
③歯科医師&歯科衛生士比率70%以上
④正社員比率70%

特にこのKPIの中で全業種共通して、重要な視点は
・ヒト1人あたりの年間生産性1800万円以上
・正社員定着率95%以上
です。

皆様の業界、企業でも、事業戦略の中で上記KPIにおける目標設定を立てていただけるとより課題が明確になるかと思います。
このKPIの段階によって、採用を強化するべきであるのか、評価制度の導入、リニューアル時期であるのか、方針発表会や会議体を見直すべきであるのか優先順位が決まってきます。

ヒト1人あたりの年間生産性が750万円から2000万円へ

私の山形県にあるご支援先ですが、
ユニット3台4名体制3000万円の歯科医院が
ユニット3台5名体制1億円の歯科医院にまで変革を遂げました。
ここまで変革をどのように遂げたのか、ご紹介させていただきます。

ポイントは、2点です。
①保険診療から高付加価値型診療(自由診療)への完全シフト
②1人あたり自由診療単価を下げるためのメニュー開発

です。

戦略的にこのような診療モデルを構築したとういよりも、実は理念経営を軸にし、院長先生がやりたい診療を追及した結果、生産性が高まる患者様にとっても、スタッフにとっても、病院にとっても幸せとなる三方良しの経営が成り立ったということです。
幅広い患者対応型歯科医院からコンセプト型歯科医院にシフトし、口腔ケアに価値を感じる患者様のニーズに答えられるようなメニュー作りを整えました。
通常、歯科医院の自由診療となるとインプラント、矯正治療などが頭に浮かびますが、どうしてもこのようなメニューは高額な単価になるため、「口腔ケアに価値を感じている」×「経済的余裕」が必要です。それですとどうしても対象患者が少ないことと安定した診療経営ができないため、一般診療におけるメニュー開発を行い、経済的余裕がない患者様でも口腔ケアに価値を感じている方であれば、受診できる環境を整えたことで、数多くの患者様に受けていただく流れが確立しました。

ヒト1人あたりの年間生産性が高まることで三方良しが実現できる

患者様にとって
スタッフにとって
医院にとって
理想は異なります。
この理想のバランスを考慮するためには、ヒト1人あたりの年間生産性を高めることが大切です。
生産性が1000万円以下であったときはできなかったことが、今ではできる、還元できる内容が増えてきました。
例えば、こちらの医院さんであれば
マイクロスコープという拡大顕微鏡がありますが、こちらは1台あたり約600万円する機材を全ユニットに導入することができました。
CTという3Dのレントゲンシステムも導入することができました。
このように、患者様が安全、安心、精密な治療を受けていただく環境が今では十分に整っております。
次にスタッフさんにも、還元できる環境が整ってきています。
やる気のあるスタッフさん、十分に貢献してくれたスタッフさんには、しっかりと昇給や賞与で還元できる評価制度もできました。
生産性が低いとどうしても、評価制度を入れても、頑張っている人を適正な評価をすることができません。
結果、患者様の質、スタッフの質が共に高まり、着実にコンセプト型歯科医院、そして理念経営の実現に近づいております。

働き手不足時代のビジネスモデルチェンジをしよう

前述でも述べましたが、こちらの事例歯科医院様は戦略的というよりも理念経営の追求の結果、生産性の高い診療体系が築き上げられました。
今の時代、そしてこれからの時代、どんどん働き手不足の波が押し寄せてきます。
今と10年後に、1人あたりの生産性を同じ額で続けていると、停滞・衰退へと進んでいきます。
ぜひ、このあたりを意識しながら、中期経営計画書作りに励んでいただきたいです。

皆様の企業発展を心より祈願しております!

******船井総研お勧めセミナー********

【元なでしこジャパン佐々木則夫氏登壇決定!!】
働きがい日本一の歯科医院を目指す幸せ組織セミナーin2016~

公式サイト⇒http://funai-dental.com/seminar/004702/
【東京会場】 2016年8月21日(日) 11:00~17:00(受付10:30~)
(株)船井総合研究所 東京本社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル21階
JR東京駅丸の内北口より徒歩1分
お申込期限:8月19日(金)17:00まで(150名限定)

※このセミナーは終了しました。内容に関するお問い合わせは戸澤良親
<yoshichika-tozawa@funaisoken.co.jp>まで

担当コンサルタント

戸澤 良親 トザワ ヨシチカ

医療・介護・福祉・教育部

>詳しく見る

無料経営相談を申し込む
最新のデジタルシフト事例が届く!メルマガ登録受付中。